テクノロジーとクリエイティブを
大人も子どもも、たのしく考える
カマクラビットラボ

親子ではじめるものづくり・プログラミング体験。


4月7日ネクトン大船体験会

■日 時:2019年4月7日(日) 13:00-14:00 60分程度
■人 数:先着(親子)6組 (参加者が多い場合2回開催)
■対 象:小学3年生以上(と保護者)
■参加費:1,000円
■会 場:NEKTON OFUNA(ネクトン大船) 会議室A
JR大船駅(東口)から徒歩5分/湘南モノレール大船駅から徒歩3分
神奈川県鎌倉市大船1-12-10 湘南第5ビル4F MAP
■共 催:カマクラビットラボ LLP / Nekton OFUNA

4月21日ファブラボ鎌倉体験会

4月7日と同じ内容です。
■日 時:2019年4月21日(日)13:00-14:00 60分程度
■人 数:先着(親子)6組 (参加者が多い場合2回開催)
■対 象:小学3年生以上(と保護者)
■参加費:1,000円
■会 場:ファブラボ鎌倉
鎌倉市扇ガ谷1-10-6 結の蔵参号室(JR鎌倉駅から徒歩約5分)MAP

  • 当日使用する機材、ノートPC、主催者側でお貸しします
  • 親御さんも一緒に体験いただくことをおすすめします
  • お申し込み後、都合によりキャンセルされる際は、本メール宛にご連絡ください
  • ご希望の方にはスターターキットの販売(3,000円程度)をご用意します
  • ファブラボに関心のある中高生も歓迎します。小学3年生未満もご相談ください

5月12日開始全6回コース受付中!

■ 開催日:隔週ペースで全て日曜日開催
5/12, 5/26, 6/9, 6/23, 7/7, 7/21
■ 時 間:13:30-15:30 120分
■ 人 数:先着(親子)6組
■ 対 象:小学3年生以上 (と保護者)
■ 参加費(補材費含む):21,000円(3,500円x6回)
■ 教材費:スターターキット3,000円(micro:bit基板と電池BOXなどの基本パーツセット。無料レンタルも可)
■ 会 場:ファブラボ鎌倉 鎌倉市扇ガ谷1-10-6 結の蔵参号室(JR鎌倉駅から徒歩約5分)
■ 後援:鎌倉市 主催:カマクラビットラボLLP

  • 当日使用する機材、ノートPC、主催者側でお貸しします
  • 参加費には提供の材料費(補材費)を含みます
  • お申し込み後、都合によりキャンセルされる際は、本メール宛にご連絡ください
  • ファブラボに関心のある中高生も歓迎します。小学3年生未満もご相談ください
  • 都合が合わない回がある場合は補講をご用意します
  • 最初の2回は親子で、以降は子供主体での参加。3年生は全会親子での取り組みをオススメします

世界のみんなも、あそんで学ぶ。マイクロビットではじめよう

ほとんど全ての家電や自動車などの中で活躍しているマイコンの動きを知り、実際に使い、色々なものを自分で制御してみませんか?「マイクロビット」の基本的な使い方と簡単なロボットの制御を体験しましょう。

マイクロコンピュータmicro:bit(マイクロビット)は、2015年にBBCを中心とした団体で開発され、イギリスの100万人の11歳と12歳の子どもたちに無料配布されたことで認知が拡がりました。2017年以降、世界各国で教育向けに利用されはじめ、日本でも販売が始まりました。プログラミング的思考を感じ得ることができるでしょう。 導入・取り扱いが容易であり、比較的安価で、入門として十分な拡張性を持つ「小さなコンピュータ」です。

はじめましてコンピュータ、
どんなことができるだろう

大人も子どももテクノロジーとクリエイティブをたのしく考える。カマクラビットは、鎌倉市民のコンピュータおじちゃんたちが開催する体験型ワークショップです。実験工房「ファブラボ鎌倉」のスペースを借りて、はじめてのプログラミング。親子で遊びに来てくださいね。

大人もいっしょに考え学ぶ、これからの地域のSTEM+A*

* STEM+A(STEAM): Science(科学)+Technology(技術)+Engineering(工学)+Mathematics(数学) にArts(芸術)を加えたもの

私たちは鎌倉市在住のコンピュータおじちゃんたちを発起人とする有志のチームです。機械、ロボット、情報の世界で仕事や活動をするプロフェッショナルとして、2020年のプログラミング教育必修化に期待と懸念を体感し、取り組んでいます。ファブラボ鎌倉にて、ワークショップの体験会・講座を実施しています。

市民発で情報交換の行える場をつくっていきます。
講師、サポーター、見学、いずれも歓迎!
未来について実践的に考えていきましょう。

定期的な教室開催を中心として、実践的なプログラミング教育の環境研究や、AI、フィジカルコンピューティング、ブロックチェーンなど最新のテクノロジー状況の共有、地域とテクノロジーの可能性についても、幅広く考え、かたちにする場を推進していきます。